複雑な状況や深刻な臨床問題にオンラインカウンセリングが適さない理由を考えてみましょう。

1. 複雑な病気の結論と治療:

複雑な病気の場合は、判断と治療のために、ポイントごとの評価と実際の検査が期待される場合があります。 オンライン診療では直接の実際の評価を導くことが難しいため、正確な所見と適切な治療を提供するのは困難な場合があります。

2. 深刻な臨床問題への答え:

重大な臨床上の問題や急速に悪化する症状がある場合、インターネット ベースのやり取りは迅速な対応には適さない可能性があります。 たとえば、ネット診療 冠動脈不全や重大な損傷などの危機的状況では、対面での会議と危機的臨床的考慮が必要です。

3. 明確な検査や薬の必要性:

万が一、特定の検査や治療が必要になった場合、インターネットベースの臨床治療だけでは適切な臨床的考慮を行うことが困難になる可能性があります。 たとえば、X 線や X 線などの画像検査や医療処置が必要な場合には、対面での面談が適しています。

4. さまざまな専門家の参加を本当に望んでいると仮定します。

病気が複雑で、さまざまな分野の専門家の情報が必要な場合、インターネットベースの臨床治療だけで適切なデータと推奨を提供するのは非常に困難である可能性があります。 目と目を合わせた面接では、さまざまな臨床専門家がチームを組んで治療に対する完全な戦略を採用する必要がある場合があります。

5. 患者の健康を保証する:

特定の病気や状況では、臨床専門家の直接の仲介が患者の健康を保証するための基本となる場合があります。 インターネットを利用したカンファレンスでは十分な配慮ができない場合には、直接面談や入院が必要になる場合もあります。 したがって、複雑な病気や深刻な臨床問題には、オンライン会議だけでなく、適切な診療所での間近での個人的な評価と治療も必要です。 オンライン臨床療法は、日々の健康状態に関するデータや推奨事項を提供するのに合理的ですが、臨床専門家の判断を得て、より適切な検討を得ることが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *